webmaster のすべての投稿

「ロンドンハーツ体力診断」で老いを自覚する四十路な僕

ザキヤマさんが好きなので、彼が出演している回は必ずチェックするテレビ朝日の「ロンドンハーツ」。
この回は「芸能人体力診断」とのことで、ほとんど老人のような体力しかない、お騒がせ女優の遠野なぎこさんのへっぴり腰っぷりや、「モモ神」こと淳さんの、ちょっとできるとやたらと長引くヒーローインタビューなど、けらけら笑いながら観ていたのですが、若者にしか聞こえない「モスキート音」で一般的にも認知されることになった、年齢別の高ヘルツ聴覚テストで、60代以下と50代以下のテスト音は、うるさいくらいに聞こえたものの、「40歳以下の人にしかきこえない音」で、微音すら全く聞こえない、40歳に達したばかりの自分の「老い」気付いて、結構なショックを受けてしまいました。
50代以下の音がきこえなかった、さまぁ~ずの三村さんは「えっ?はじまってるの?」みたいな感じで、おもしろおかしくイジられたりして、愉快に歳を取ることも悪くないと思わせてくれるリアクションを取ってくれたのですが、ワタクシ自身が40歳という年齢を受け入れていないのか、妙に落ち込んでしまって、聴覚を鍛えることはできないのだろうかと、速聴トレーニングのシステムや料金を夜中まで検索しまくってしまった、秋の夜でございました。

元野良のネコさん

ウチのネコさんは元野良にも関わらずとってもお上品に育ったので、壁で爪研ぎなんてそんなはしたない事はいたしませんの。爪研ぎも使いません。爪を研ぐのは、そう、飼い主が履いている時のストッキングでだけ!
おかげで私のストッキングはすぐに伝線して使い物にならなくなってしまうんです。今日も朝、履いたとたんに足ごとバリバリやられました。何が彼女をそこまで掻き立てるのでしょう…。このままでは、買い置きのストッキング全てをバリバリにされて、夏のまっただ中に生足で家を出なくてはならない日も遠くありません。
爪研ぎ用にストッキングに詰め物をしたものをあげたりもしたんですが、どうもそれではダメみたい。ストッキングの網の感触とその先にある私のお肉の感触が好きなんですね。この弾力が堪らないとでも思っているのでしょうか。私以外では爪研ぎしないって言うのも可愛いんだか憎らしいんだか…。
もしかして、この子は私に?せろと言っているのか?家族には「甘く見られてるんじゃない?」なんて言われて、もうちょっと飼い主の威厳が必要かなぁなんて思いながら、今日もストッキングを履き替えてました。
そしてその後またバリバリされました。

保育園の途中入園

毎日バリバリ働いていた私もついに、結婚をして妊娠をし、産休を経て育児休暇まっただ中。
会社に復帰したくて、子供が1歳になった時に保育園の途中入園の申し込みをしました。
しかし、今は待機児童があふれ、保育園に入園できない事が社会問題にもなっているので、私自身も申し込みをした物の、年内の途中入園は絶対に無理だと思って毎日を過ごしていました。
そんな待機児童の仲間入りをして約半年、急に知らない番号から電話がかかってきて、恐る恐る出ると区役所の人で、子供の保育園の途中入園が決定したとの連絡がありました。
思わず「えぇっ!?保育園入れるんですか!?」と大声で叫んでしまいました。
電話がかかって日から約10日後から保育園に入れるという連絡。
保育園の入園が決まった事はすごく奇跡的で喜ばしい事だとは思いますが、全く入園できるなんて思ってもおらず、しかもあと10日後には離れ離れになってしまうと思い、泣きそうになりました。
人みしりはしなくて、明るくて活発な子供ですが、生まれてこれまで毎日ママとどこ行くにも一緒な生活だったのに、急に離れてしまうのは大丈夫かという不安でいっぱいになったのと、何よりも私が子離れ出来なさそうで不安でいっぱいになりました。
けれども、今回のこの入園を断ってしまっては、今後の仕事復帰の可能性と保育園の入園の可能性はわからないので、途中入園の決意をしました。
子供もきっと寂しくて泣くと思います。
きっと私も泣くと思います。
けれども、頑張って仕事をするので、子供も頑張って保育園に通って欲しいと思います。

久しぶりにドラマに夢中

昨年のドラマ「オトナ女子」は同年代が主人公ということもあり、とても気持ちが分かるので感情移入して毎回楽しみにDVDを観ています。
日常の生活の中で忘れてしまっているのような恋する気持ちや夢中になって取り組んでいた仕事のことを思い出したり、同年代なのにスタイルが良くお洒落な服を着ているのをいいなぁと思ったり、とてもいい刺激を受けています。
毎日家事をこなし、子供や夫と楽しく暮らしているのですが、ふとそんな自分とはかけ離れた世界に生きる主人公が素敵に見えます。ドラマの中でも悩んだり、落ち込んだり、うまくいく事ばかりではないのですが、バリバリと仕事をこなし、綺麗な部屋に住み、恋もします。
いくつになっても気持ちの持ち方次第でこんなにも若々しく、素敵にいられるんだなぁと思うと自分もまだまだ内面や外面も磨いていかなければと思います。
ドラマの主題歌も観ている気持ちを盛り上げてくれてとても大好きな曲です。車の中でも聴いて余韻に浸っています。こんなにも夢中になれるドラマは久しぶりで、録画したものを何回も観ては楽しんでいます。
日々の楽しみがあるだけでこれだけ気持ちがワクワクするんだと思うと、ドラマだけでなく本や映画でも好きなものを見つけて毎日の生活を華やいだものにしていきたいです。